2007年01月30日

子供の個人情報また盗難 電話番号など27人分

高知市教委は28日、小高坂小6年の50歳代の担任教諭が児童の名簿や連絡先などが入った資料を同市内で盗まれたと発表した。同市内では先月も中学教諭が個人情報資料を盗まれる事件があったばかり。同市教委は29日に臨時校長会を開き、個人情報の管理徹底を再度周知する。
http://www.kochinews.co.jp/0701/070129headline01.htm
高知新聞
 

 
 
ロビーのソファに個人資料入りのバッグを3、4分間置いて盗難に遭ったみたいです。
やはりどんな時でも肌身離さずが基本ですね。
 
バッグには携帯電話も入っていたみたいですが、携帯電話も個人情報の宝庫
肌身離さず持つかロックをかけるなどの対応も必要だと思います。
 
 
posted by 桑村茂樹 at 12:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

武蔵野市、3832人分の個人情報入りテープ紛失

東京都武蔵野市は23日、都の老人医療費助成制度の受給者ら3832人分の個人情報が記録されたカセット型の磁気テープを紛失したと発表した。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070124AT1G2302I24012007

.html

日本経済新聞


 
この磁気テープはたぶんDAT(ダット)で保存されたと思うのですが
DATとは、企業などにあるサーバのデータを磁気テープ(DDS)にバックアップする為の装置
通常のパソコンでは読み取れませんが、DATの装置が付いているサーバからはアクセスが可能になります。
 
通常、磁気テープなどはバックアップ用なので適切に管理しなければなりません。
保管は鍵などで施錠し、鍵の管理者など保管場所のアクセスを制限しアクセスログを付けるなどの運用が必要なのですが、今回はどうなんでしょうか。
 
磁気テープはデータを大容量で保存が可能なので、慎重な取扱いが必要です。
 
 
 
posted by 桑村茂樹 at 17:12| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

配信停止と引き換えに現金を要求するスパム発見――McAfee

「メールの配信を停止してほしければ1ドル払え」と要求するロシア語のスパムメールが現れたと、セキュリティ企業のMcAfeeがブログで報告した。  このメールはMcAfeeがスパムメール検出のため各国に張りめぐらしているスパムトラップで捕捉された。国境を越えたスパムは以前から問題になっているが、このメールは普通と少し違ったため研究者の目にとまったという。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0701/20/news011.html
ITmedia
 

 
 
このスパムメールはロシア語みたいですが、日本でも大量にスパムが発生しています。
 
似たような日本語スパムメールもすぐ発生するでしょう。
 
くれぐれもお金を払ったり、個人情報は送信しない事。
ひどい場合には、メールソフト・ウイルス対策ソフト・利用しているプロバイダー(ISP)にスパム・迷惑メールをブロックするサービスがありますので利用しましょう。
 
 
posted by 桑村茂樹 at 23:15| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュースを紹介します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人情報含む電磁記憶媒体を紛失 −メグミルク

日本ミルクコミュニテイ(株)で、個人情報を含む電磁記憶媒体を紛失する不祥事が発生した。
 1月12日深夜、同社社員が電車で帰宅する途中、個人所有のショルダーバッグを紛失したが、その中に、個人情報を含む電磁記憶媒体や社内資料が入っていた。
http://www.jacom.or.jp/news07/nous101s07011804.html

農業協同組合新聞


 
 
電車に乗った時は、カバンを肌身離さず持つが基本です。
 
電車にカバンを忘れる、車の中にカバンを置きっぱなしにしないなど
ちょっとした注意で個人情報・機密情報などの紛失・盗難が防げます。
 
いくら個人情報保護規則を設け、管理体制に取り組んでも社員の協力がないと機能しません。
 
CSR社会的責任・コンプライアンスが問われる今、適切な対応を望みます。
 
posted by 桑村茂樹 at 22:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

製薬会社社員のパソコン盗難で個人情報流出 広島

バイエル薬品(大阪市)は19日、医療関係者8142人分の個人情報が入った同社社員のUSBメモリーが盗難にあった、と発表した。広島県内の医師や薬剤師の住所、氏名、電話番号、勤務先などが保存されていた。該当者全員に謝罪して事情を説明しており、悪用されたなどの報告は今のところないという。
http://www.asahi.com/national/update/0119/OSK200701190054.html
朝日新聞



個人情報の漏えい事故の原因で、以外に多いのが
車上荒らしです。
 
車の中も決して安全ではありません。  
データには、個人情報の他に機密情報を含まれるでしょうから

肌身離さず持ち歩きましょう。
 
又、データも万が一に備え暗号化などセキュリティ対策を組織的に取り組む事が
大切です。

posted by 桑村茂樹 at 21:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

患者の個人情報がP2Pソフト経由で流出 - 東大病院

東京大学医学部附属病院の患者情報がファイル交換ソフト経由で外部へ流出していたことがわかった。同院医師のパソコン内に保存していたファイルがファイル交換ソフトを通じて外部に流出したものと見られている。
流出したのは、同院ほか首都圏内の複数病院における患者の病歴ファイルで、氏名や生年月日、病状など約150件の個人情報を含まれる。3件については一部では住所や電話番号もお含まれていた。外部より指摘を受けて判明したもの。
http://www.security-next.com/005297.html
Security NEXT
 

 

 



個人情報取扱の社内ルールはあるけど、運用するのは非常に難しい会社も多いのではないでしょうか。
組織ぐるみで意識して取り組み続ける事が必要ですね。
 

posted by 桑村茂樹 at 21:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

「私はヒットマン、あなたの命を狙っています」――悪質な脅迫メールが出回る

セキュリティ・ソフトなどを開発販売する英ソフォスは2007年1月11日(現地時間)、新たなタイプのスパム(迷惑メール)が確認されたとして注意を呼びかけた(ソフォスの情報)。メールは暗殺者(ヒットマン)から送られたように装い、殺されたくなければ金銭を支払うよう要求する。このようなメールを受け取っても絶対に相手にしないようソフォスでは呼びかけている。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070115/258643/

ITpro


 
 
スパムメールが多発していますが、最近悪質化しているように思います。
上記スパムは英語ですが、もうすぐ日本語版も出現するでしょう。
 
又、Webサイトでも個人情報を取得したという悪質なサイトがあります
悪質なWeb・メールには個人情報を絶対に送信しないように・・・
(WebではIPアドレスは取得できますが、個人情報は取得できません。)
 
又、利用しているプロバイダー(ISP)サービスに迷惑メールブロックなどの
サービスがありますので利用してみてはいかがでしょうか。
 
 
posted by 桑村茂樹 at 20:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュースを紹介します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

患者45人の個人情報入りパソコン盗難 名古屋市大病院

名古屋市立大学病院は7日、患者45人の個人情報が入ったパソコンが盗まれたと発表した。  同病院によると、産婦人科の臨床研究医が5日深夜から6日早朝にかけて、名古屋市瑞穂区の親類宅前に、私有パソコンの入ったかばんを車に積んだまま駐車していたところ、窓ガラスを壊され盗まれたという。
http://www.asahi.com/national/update/0107/NGY200701070007.

html
朝日新聞


 
人員不足で有名な産婦人科  
医師・看護師の方は長時間の勤務で無理をしている人も多いのではないでしょうか。
 非常に大変な仕事だと思います。
 
しかし患者の個人情報が保存されたパソコンを車に置きっぱなしは
患者への配慮が欠けていたのでは。  
 
 
 
 
posted by 桑村茂樹 at 23:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日新聞の読者情報が再び流出、販売店主がWinnyでウイルス感染

毎日新聞社は9日、毎日新聞の読者情報がファイル交換ソフト「Winny」のネットワーク上に流出したことを明らかにした。埼玉県西部の毎日新聞販売店店主の私物PCが、Winnyを介してウイルスに感染したことが原因だという。
 流出したのは埼玉県西部の「数十件の読者情報」(毎日新聞社広報担当)で、氏名や住所、電話番号のほか、新聞勧誘員の接客マニュアルをはじめとする内部文書も含まれていた。9日時点では、流出情報を悪用されるなどの二次被害は確認されていないとしている。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/01/10/14407.html

INTERNET Watch

 

 
 
私用PCは、ビジネス用と比べかなりセキュリティレベルが低い方が多いので
いくら仕事の為とはいえ、私用PCでの業務は避けるべきでしょう。
 
Winnyを利用しないのは当たり前ですが
ウイルスバスターなどのウイルス対策だけでは万全ではありません。
 
セキュリティレベルを上げるのに
アカウントのパスワードもしくは指紋認証・Windows/OfficeUpdateOfficeUpdate
ファイルの暗号化・IEの設定・無線LANのWEP・WPAによる暗号化
ネットワークのアクセス制限・PC/ルーターなどのアクセスログ・USBメモリの暗号化
 などの組み合わせが必要になります。
 
ただ一般の方には難しく、やっぱり仕事などの業務は私用PCではしないのが賢明です。
 


 

posted by 桑村茂樹 at 23:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堺市、個人情報の紛失事故2件を公表 - 農業従事者573名分など

堺市では、2006年末に農業従事者573名分の個人情報を含むメモリカードや水道料金未納者情報を記載したカードの紛失が発生した。
同市によれば、2006年12月28日夜、産業振興局の職員が帰宅途中に南海高野線車内で鞄を紛失。鞄のなかには農業従事者573名分の氏名、住所、電話番号、生年月日などを含むメモリカードが入っていた。同市では該当する関係者に対し翌日29日に電話にて報告し、さらに文書で謝罪を行っている。
http://www.security-next.com/005238.html

Security NEXT


 
 
なかなか減らない個人情報の外部持ち出し
個人情報の外部持ち出しはチェックしているのでしょうか。
 
電車に乗る際は、鞄を棚などに置かず、鞄を手に持ち肩ひもを肩に掛けるか
などを心がけると紛失するリスクは軽減されます。
 
個人情報を持ち出す際は、非常に重要な情報を預かっていると認識しましょう。
 
posted by 桑村茂樹 at 19:05| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

個人情報入りPC盗難 NTT西日本岡山支店 顧客7千人分

NTT西日本岡山支店(岡山市中山下2丁目)などは5日、倉敷市を中心とする6市1町の7219人の顧客の個人情報が入ったパソコンが盗まれたと発表した。
http://www.okanichi.co.jp/20070106122848.html

岡山日日新聞


 
 
年末年始の事務所荒らし
特にノートパソコンは、ワイヤーなどで机に固定・鍵付きキャビネットに保管などの対策が必要です。
 
個人情報・機密情報などの重要データの保存されているパソコンは、物理的な安全管理措置の他に、データ自体の暗号化などセキュリティ対策の技術的な対策も必要です。
 
 
posted by 桑村茂樹 at 11:54| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個人情報使い無断契約の係長を処分

JAならけん天理経済センター(奈良県天理市)の男性係長(57)が、知人を通じて県内外の男女7人の個人情報を得て、本人に無断で終身共済の契約を結んでいたことが5日、分かった。  係長は初年度の掛け金計約24万円を自分で負担。「契約獲得目標の実績を伸ばしたかった」と釈明しているという。
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070105-138722.html

日刊スポーツ


 
 
いくら契約実績数を伸ばす為とはいえ、無断で他人の契約を結ぶのは
本人だけではなく、組織全体の信用を失墜に繋がります。
 
顧客の信頼回復に努めてもらいたいと思います。
 
 
posted by 桑村茂樹 at 11:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

名字だけの募金依頼DM、ユニセフ送付に「本物か」

国連児童基金(ユニセフ)への募金を呼び掛けるダイレクトメール(DM)が、あて名に名字を書いただけで個人宅に送りつけられ、「新手の詐欺か」と全国の消費生活センターに問い合わせが相次いでいる。
Click here to find out more!

 個人情報保護法の影響で個人名簿が入手しにくくなり、日本ユニセフ協会(東京都港区)が名字だけの情報を業者から購入し、あて名書きに使ったのが原因。正規のDMだが、消費生活センターは「善意のものでも疑われる」と注意を求めている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070106i305.htm

読売新聞


 

日本ユニセフさんには申し訳ないのですが、振り込め詐欺・ニセ募金集団など

社会問題になってる今日。

 

名字だけのDMは、送られてきた人にとっては、本物かどうか判断しずらい面が多く

もう少し配慮があってもよかったのでは・・・

 

又、新手の振り込め詐欺DMが増えるのではないかと心配です。

やはり面倒であっても本人の同意を取ってフルネームでDM送るのがベストですね。

 

 

posted by 桑村茂樹 at 22:04| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 気になるニュースを紹介します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

顧客情報が保管されたサーバ盗まれる - 健康食品会社

健康食品を販売するクロレラサプライは、2006年12月23日に同社が顧客の個人情報などを管理していたサーバを何者かに盗まれた。同社では、28日に警察へ被害を届け、詳細について調査を行っているという。
今回の事件は、同社内にある顧客管理用のサーバが盗まれたもの。同社の発表によれば、同サーバには、セキュリティロックなどを行った上で警報装置などを備えた室内で施錠管理していたが、破壊されて持ち去られたという。
http://www.security-next.com/005222.html

Security NEXT


 
 
確信犯でしょうか。セキュリティエリアにあるサーバーの盗難
12月23日といえば祭日の土曜日
 
サーバー自体の盗難は、今まで件数が少なかったと思います。
今後は、物理的な安全管理により一層力を入れていかなければ、ならないのかもしれません。
posted by 桑村茂樹 at 21:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IPA、12月と2006年年間のコンピューターウイルス・不正アクセス届出状況を発表

独立行政法人 情報処理推進機構(略称 IPA、理事長:藤原 武平太)は、2006年12月および2006年年間のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況をまとめました。
今月の呼びかけ:
「オンラインゲームのパスワードを盗むスパイウェア(*1)に注意!!」
―オンラインゲームを狙ったウイルスが大量に出回っています―
 年末にかけてIPAへオンラインゲームに関するウイルスの届出が大量に寄せられております。
 これは、オンラインゲームのパスワードを盗むためのウイルスですので、ウイルス対策ソフトを必ず入れて、定義ファイルを最新のものにしておくことが必須の対策となります。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=149639&lindID=1
日経プレスリリース
 

 
 
オンラインゲームのパスワードを盗むスパイウェアが大量に出回っています。
OSのアップデート・ウイルス対策ソフトでウイルス・スパイウェアのチェックをしていない人はすぐにした方がいいです。
 
又、ワームも大量に出回っています。
メールを開ける際は注意が必要です。
 
ワンクリック不正請求も発生していますので、気をつけて下さい。
上記URLに対応策が載っています。
 
 
 
posted by 桑村茂樹 at 19:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュースを紹介します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットで電子決済、大多数が個人情報漏れに不安

インターネットを頻繁に活用する利用者の半数弱が、電子決済をしようとする際に、個人情報の漏えいなどに不安を感じながらも、詐欺対策に注意を払っていないことが大手ウイルス対策会社シマンテックの調査でわかった。
Click here to find out more!

 実際、漏えいなどの被害に遭った人も3・5%に上った。同社は「サイトが信頼できるものかよく確認する、不正行為の手口を知るなどの防御策が大切だ」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070105it14.htm?from=top

読売新聞

 

 

posted by 桑村茂樹 at 19:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュースを紹介します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。