2006年10月20日

外部からのアクセスセキュリティ

外部からのアクセスは物理的と論理的に分かれます。
 
 それぞれ情報資産に対しリスクを評価し適切な管理策を実施します。
 
物理的には
  事務所のレイアウト・サーバー・ファイルキャビネットへのアクセス対策
論理的には
  自社へのデーターベース、情報システムへのアクセス対策
などの対策が必要です。
又、情報資産へのアクセスを考慮したリスクアセスメントを行ないます。
 
外部者に関しては契約内容・責任を明確にし、契約後にサービスを開始しましょう。
 
 
  
posted by 桑村茂樹 at 21:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報セキュリティ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。