2006年10月21日

個人情報取扱いの民間委託

今年7月の「公共サービス改革法」が施行され、自治体の業務に民間業者が参入できるようになったことを受け、東京の足立区は窓口業務全般を人材派遣会社に委託する事を可決しました。
 
 今後、自治体の民間委託は認知され拡大するでしょう。
 
現在、行政機関等で個人情報が漏えいすると謝罪のコメントありますが
民間と違い個人情報の取り扱いの意識・モラルが若干低いのではないかと感じていました。
 
 
又、社会問題として自治体の飲酒運転等他、事件・事故があまりに多く報道され
自治体・公務員への信頼感は崩壊しました。
民間の方が、CSRもあり取扱う業務に対し責任を持って遂行するのではないでしょうか。
 
ただ民間に委託する際は、契約時に責任問題等を明確にする必要があります。
今夏のプール事故など、民間に丸投げで監督もしないのでは困りますよね。
 
人材派遣会社は、派遣社員に対し個人情報等情報機密に対する取扱いのい高度な教育を実施し継続する事が求められるでしょうね。
 
 
posted by 桑村茂樹 at 14:18| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たとえば地方税の滞納者への電話催告を民間委託すれば、納税者が税金を滞納しているか否かのきわめてデリケートな情報を、電話番号という申告などの際、守秘してくれると思って記載した納税者の期待を裏切って、委託業者に丸ごと渡すという暴挙です(委託料のおまけまで付けて=盗人に追銭)。
公務員でもない業者から催告の電話があった人は、ぜひ個人情報保護違反なしは税務職員の守秘義務違反で刑事告発(必ずトップに近い管理職を)し、さらに民事の慰謝料請求訴訟を提起すべきだと思います。仲間を集めて集団訴訟とする方が費用対効果で有利でしょう。
人減らししか頭にない役所の目を覚ますには、司法の場しかありません(残念ながら、役所の自浄能力は皆無ですから、試しにこの手も問題のもって行き先を自治体に尋ねてご覧なさい、多分存在しないはずです)。
個人情報保護を軽視すると多額の費用が飛んでゆくことを思い知らさなければなりません。特に幹部職員には個人賠償をさせておくことが必要条件です。
Posted by み枡屋 at 2008年11月15日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25878151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

★市場化テスト:2007年度、ほぼ全ての事業で開始(佐賀県)
Excerpt:  1.始めに 現行の行政サービスをよりよいものにするだけでなく、民間の持つマーケティング力を活かして国民(市民)のニーズにあったサービスを提供しようという『市場化テスト』が佐賀県で始まる。      ..
Weblog: 明日への道しるべ@ジネット別館
Tracked: 2006-10-26 14:40

6月から違法駐車取締りの民間委託に。。。
Excerpt: 道路交通法の改正で違法駐車を確認する 業務の民間委託を実施。 しかし今年決定した...
Weblog: ひょうごPFI協会・PPP/パブリックビジネス
Tracked: 2006-11-23 09:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。