2006年10月21日

プライベートネットワークの脅威

組織内ネットワークは安全なようで、実は安全ではなく
さまざまな脅威があります。
 
社内ネットワーク管理者の方は必見です。
 
情報資産に対して
 機密性・完全性・可用性の脅威があります。
 
 
 
機密性の脅威として
  物理的な侵入による盗聴
    例えば、あまり人のいない打合せ室等のLANケーブルから侵入
  社員による不正アクセス
    例えば、社員が重要機密データにアクセスなど
 
完全性の脅威
  オペレーターの入力ミス・消去など
 
可用性の脅威
  情報システムの破壊・故障
  ウィルスの侵入など
 
社内ネットワークにもさまざまな脅威があり
上記の事を認識する必要があります。
posted by 桑村茂樹 at 17:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25889362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。