2006年10月24日

丸見えの受付

物理的対策にオフィスのレイアウトがあります。
打合せ時にユーザー先に訪問した際
受付からオフィスが見通せる会社があります。
受付の近くに複合機があったり、サーバーが見えたり、デスクのモニターが見えたりと
まだまだそんなオフィスが多いと思います。
受付から内部が見えるのはあまりよくありません。
なんらかの形で内部を見えないようにした方がいいでしょう。
又、オフィスを3つのエリアに出来れば分けましょう。

一般エリア
  外部からの来客等はこのエリアです。
 
作業エリア(執務エリア)
  通常の業務を行なうエリアです。

セキュリティエリア
  サーバー等を置く重要なエリアです。

各エリアはなるべくパーテーションで区切るのがいいでしょう。
セキュリティエリアへは誰でも入れないようにし鍵等で施錠しアクセスログを取ります。
(会社の規模に応じて、警備員の配置・監視カメラ・生体認証・入退室管理・メディアの取扱いなどが必要です。)

作業エリア・セキュリティエリアには、なんらかの入退室ログを残すといいでしょう。
又、複合機・プリンターなどは、入口から奥の上席近くに置くのがベストでしょう。




posted by 桑村茂樹 at 22:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人情報保護対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。