2006年11月03日

人的セキュリティ (採用編)

最近、人手不足なのか
求人だしても、なかなかいい人が少なく大変ですよね。
買手市場から売り手市場に移行したのではないでしょうか。
 
いくら人手が少ないといえども誰でもいいという訳にはいきませんよね。
自社のセキュリティを守るためにある程度の選定をしなければなりません。
 
それは何故か
盗難、不正行為、設備の誤用等のリスクを減らすためです。
 
常勤従業者の採用の際に履歴書等の審査・信用調査・取得資格の確認
上級従業者に対しては定期的な見直し・承認
 
又、新入社員に関しては管理監督者に対しての評価が必要です。
 
派遣社員・請負業者に対しても同様です。
 
なかなか難しい事ですが、人的ミスによる情報漏えいが相次ぐ今
非常に重要な事で、少しでもリスク軽減に努めましょう。
 
 
posted by 桑村茂樹 at 11:15| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 情報セキュリティ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。新倉茂彦です。
人的対策は難しいです。しかし人的だからこそ出来る事もたくさんあると考えてます。
難しいのは、ダメダメルールを徹底させるから継続しなく、無理があるのであって、出来ることからはじめる事が大切と思っています。
”サンムだらり”のムダ、ムラ、ムリの問題でしょうか。
実はどんなことが起こりえる、起きている、自分がやっちゃっている。これを知らないだけなのでは?と思います。
すべては対岸の火事のように思えわれがちですが、立派な責任であり、CSRだと私は考えます。
Posted by 新倉 茂彦 at 2006年11月04日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。