2006年12月12日

コピー機・FAX・プリンターのセキュリティ対策

意外と見落としがちな情報機器にコピー機・FAX・プリンターがあります。
スキャナー・HDD付きの複合機タイプもあり、情報資産のリスク軽減として
アクセス管理などの対策が必要です。
 
プリンターは出力しっぱなしにしない、出力時にパスワードを要求する
        出力ログの取得など
 
コピーは人目につかない所には置かず、上長の近くに設置し監視しやすくする。
      HDDにデータを残す場合は、パスワードなどでアクセス制限をかける
 
FAXもコピーと同様に設置し、FAX送信時は誤送信を防ぐ対策を取る。
 
スキャナーに関しては、メール機能もありログの取得
 
又、勤務時間外ではアクセス権の設定が必要です。
posted by 桑村茂樹 at 19:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 情報セキュリティ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29499646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Microsoft、12月の月例更新は当初予定よりも多くの脆弱性に対応
Excerpt: Microsoft (NASDAQ:MSFT) は12日、12月の月例更新を実施した。公開した個別セキュリティ情報は、当初の予定よりも多く7件だった。 先週同社は、12月の月例更新で6件のセキュリテ..
Weblog: 情報セキュリティ・内部統制に関するニュース
Tracked: 2006-12-14 17:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。