2007年07月29日

Microsoftがプライバシ対策を強化,ユーザーの検索情報を18カ月で匿名化

米Microsoftは米国時間7月22日,プライバシ対策の強化について発表した。「Live Search」ユーザーの検索クエリなどのデータを,18カ月経過後に匿名化する。クッキーIDやIPアドレスをはじめ,個人を特定可能な情報も恒久的に削除する。ただし,ユーザーの同意を得た場合は,18カ月を超えてこれら情報を保管する。

 また,同社が収集および使用するデータがプライバシに及ぼす影響を最小限に抑えるために,Live Searchの検索キーワードを,直接個人特定につながるアカウント情報と別々に保存する。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070724/278032/?ST=security
ITpro

posted by 桑村茂樹 at 12:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュースを紹介します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。