2007年09月03日

“災害弱者”名簿を作成 同意の4万人登録 倉敷市 障害者やお年寄りの早期避難に活用

倉敷市は、高齢者や障害者など災害時に支援が必要な“災害弱者”の名簿を作成した。約6万5000人の対象者のうち約4万人が登録。いざという時の安全確保のため、民生委員と自主防災組織、社会福祉協議会に提供され、9月から早期避難に役立てられる。
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/09/01/
2007090109525691011.html

山陽新聞
posted by 桑村茂樹 at 22:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュースを紹介します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53821354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。