2007年09月23日

消える長寿番付 個人情報保護法きっかけ プライバシー配慮で市町村広報紙など

年齢順に高齢者の名前や住所を並べた「長寿番付」が、県内から消えようとしている。敬老月間(9月)に合わせて各市町村が主に広報紙で公表していたが、国や自治体の責務を定めた個人情報保護法の1部施行(2003年5月)の前後に相次ぎ中止し、今年は美咲町と西粟倉村だけ。長寿の祝福という本来の目的より、プライバシーへの配慮を優先した格好だ。
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/09/17/
2007091711131052010.html

山陽新聞

posted by 桑村茂樹 at 18:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュースを紹介します | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。