2007年10月27日

名大付属病院の医師、患者73人分の情報メモリー盗まれる

名古屋大学医学部付属病院(名古屋市昭和区)は25日、同病院の40歳代の男性医師が車上荒らしに遭い、患者73人分の個人情報が入ったUSBメモリー(コンピューター用外部記憶媒体)を盗まれていた、と発表した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071025i411.htm?from=navr
読売新聞


posted by 桑村茂樹 at 22:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の個人情報漏えい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。